前へ
次へ

医療レーザー脱毛とサイクルとの関係

医療レーザー脱毛に限ったことではなく、クリニックやサロンで執り行われる脱毛は毛周期にフィットするように実施されるのが一般的な方法です。
毛周期というのは、毛が生えかわるサイクルを意味し、具体的に言いますと成長期それから、退行期、そして休止期の段階に分けられます。
医療レーザー脱毛を利用することによって処理を実施することができるのは成長期の毛だけです。
どうして成長期の毛のみしか行うことができないのかについてですが、これに関しては、毛母細胞の分裂と非常に大きく関係にあります。
成長期は快活に分裂しています。
加えて分裂することを通して、毛は次第に成長することができます。
ある程度の長さまで成長を見せた毛は、細胞分裂が落ち着き退行期に入ることになります。
退行期においては細胞の分裂は休止してしまい、簡単に言うならば毛は抜ける為の事前準備をします。
この状況になると、いつの間にか毛は落ちます。
毛が落ちた後の毛根については休止期に入って、再生に備えます。

Page Top